« インターネットガジェットのUSBーAVRライタ | トップページ

2011年11月17日 (木)

インターネットガジェットのUSB168の製作

Usb168 書籍「面白チャレンジ!インターネットガジェット入門」の製作では、LIBUSBのライブラリを使用して、ソフトのみでUSBターゲットを製作できるのですが、そのもっとも簡単な、USB接続だけできる基板を製作しました。一応、ポートにLEDをつけると、オンオフすることはできます。

普通USBというと、仮想COMポートとして組み込まれて、ターミナルソフトでアクセスすることになるのですが、このLIBUSBでは、アクセスするソフトのほうにも、ライブラリをリンクして、直接アクセスすることになります。これは、Cygwinをインストールして、コンパイルを行なうときに、ライブラリを使用することを指定するだけで済むので、プログラムは容易です。

書籍を読み始めたときに、AVRライタから製作を始めましたが、このUSB168プログラムでは、書き込みを行なうときには、MakeコマンドでAVRDUDEを起動し、USBaspを使用するようになっていました。しかし、Makefileから、フューズビットを確認して、AVRDUDEGUIで書き込むことも出来ます。

基板をUSBケーブルで接続し、パソコンから、
./pc 1
コマンドを入力すると、LEDが点灯します。

USBの機能を欲張らず、パソコンから基板に対してUSBで接続できることだけできると思ったほうが良いようです。パラメータの渡し方も、きわめて簡単な方法でしか出来ません。それでも、USBで認識されるのは、気持ちが良いものでした。

« インターネットガジェットのUSBーAVRライタ | トップページ

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターネットガジェットのUSBーAVRライタ | トップページ

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入