« 「8PinPICマイコン」の気圧計を製作 | トップページ | FT-232+GPS-A変換アダプタの製作 »

2011年2月28日 (月)

「LCD&タッチセンサ」の案内表示板にRGBコンバータを接続

Lcdtouch_ntscannaiban_rgbconverter 書籍「LCD&タッチセンサ活用の素」で紹介されている、NTSC案内表示板は、ビデオ信号を画面表示に表示するものとして、シャープ製の7インチ液晶モニタに表示することができるようになっていますが、同様に、ビデオ信号をテレビ画面に表示するRGBビデオコンバータを通して、テレビにも表示することができます。

このコンバータは、RGBからビデオに変換できるもので、「アイテンドウ」から入手できるものでしたが、ケーブル付きが在庫切れで、ケーブルなしのものしかありませんでした。ケーブルは2通りあり、同期信号が1本のものと2本のものです。必要なのは、同期信号が2本のもので、6ピンのコネクタに接続するものです。

コネクタを探したところ、JSTのコネクタが合うことがわかりましたので、ケーブルを自作しました。

案内表示板は、すでに動作することが分かっていましたが、テレビにはなにも映りませんでした。しかし、RGBビデオコンバータのレベル調整を廻してみると、表示が出ることが分かりました。RGBレベルが、若干低いような感じです。

案内表示板としては、7インチモニタで表示するより、テレビ画面で表示するほうが良さそうです。320x224ドットのモノクロBMPファイルも、何度か作ってみるうちに要領がわかってきました。モノクロでは、写真などを使わず、ペイントソフトで、直接書き込んでいったほうが良さそうです。

« 「8PinPICマイコン」の気圧計を製作 | トップページ | FT-232+GPS-A変換アダプタの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「8PinPICマイコン」の気圧計を製作 | トップページ | FT-232+GPS-A変換アダプタの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入