« ICOM、CI-Vインターフェースの製作 | トップページ | LA1800のFMラジオを製作 »

2010年12月23日 (木)

秋月、PIC18F24J10マイコン、7セグLED表示

Aki_18f24j10_7segled PIC18F24J10マイコンで使える周辺機器を確かめているのですが、キーボードがあるのに、表示がないことに気がつきました。

液晶モジュールをつないでも珍しくないので、基板のスペースにあわせて、7セグLEDの2桁をつけました。使えるポートが、RA0~RA3とRA5しかないので、RA0~RA3で数字を、RA5で左右の桁を示します。

7セグLEDは、カソードコモンで、NPNトランジスタでオンした桁が点灯します。はじめ、NPNとPNPの組み合わせによって左右を区別しようとしましたが、PNP側が暗かったので、両方NPNトランジスタにして、右のほうには、トランジスタによる反転を入れました。

数字のデコードには、4511を使用しています。これは、0~9までしか表示しないので、16進表示ができません。字体もすこし違っているので、見づらいのですが、代わりがないので仕方ありません。

表示は、キーボードスキャン割り込みと同じ中で、10msごとに左右切り替えるようにしました。16進キーボードを押すと、7セグLEDの表示が、右から左へシフトされ、新しい数字が右桁に入ります。

表示が16進を表示できないため、A~Fは、ブランクになります。

LEDは、消費電力が大きいので、PIC18F24J10の低消費電力が発揮できないことになりますが、表示としては簡単な表示となります。

« ICOM、CI-Vインターフェースの製作 | トップページ | LA1800のFMラジオを製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ICOM、CI-Vインターフェースの製作 | トップページ | LA1800のFMラジオを製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入