« AVR用のHVSライタの製作 | トップページ | CQ誌の、FT-817コントローラの製作 »

2010年3月25日 (木)

AVR用の、パラレルライタの製作

Parwriter AVRのプログラミングにおいて、一般的に使われているISPモードのプログラマでは、発振器を外部としたり、リセットを無効としてヒューズを書き込むとアクセスが出来なくなってしまいます。

このような時、高電圧(パラレル)プログラミングによるライタを使用すると書込みができます。このような状態になったのがATtiny45だったので、8ピン14ピン専用のHVS(高電圧シリアル)プログラミングライタを前に作ったのですが、書き込みに使用するAVRPP.EXEが使いやすかったので、他のAVRにも書込みができるパラレルプログラミングライタを製作しました。

AVRライタ製作集
http://elm-chan.org/works/avrx/report.html

パソコンのパラレルポート(プリンタポート)に接続しなければならないので、新しいノートパソコンで使えないことが多いのですが、使い勝手は良く、AVRに幅広く対応しています。

パラレルライタは、20ピンのAVR(tiny2313など)のソケットがついていますが、他のAVRを使用する場合には、変換コネクタを使用する必要があります。

Parwriter_socket変換ソケットは、4~5種類ありますが、良く使うものとして28ピン(ATmega168など)と、8ピン(ATtiny45など)に両方対応するものを作りました。

8ピンのソケットは、前に作ったHVSプログラミングライタと同じになるようになっています。

40ピンのAVRを使うときには、そのときに変換ソケットを作ることにします。

これで、リセットを無効にする使い方も、気軽に使うことが出来るようになりました。特に、8ピンのAVRでは、リセットを無効にしたいことが多いような気がします。

書き込みに使用するのはAVRPP.EXEで、32ビット版ですが、DOSに対応したAVRXP.EXEというのもあります。こちらは対応する種類が少ないのですが、Windowsが使えないパソコンでも使えるので、古いパソコンを専用に使うことが出来ます。

« AVR用のHVSライタの製作 | トップページ | CQ誌の、FT-817コントローラの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AVR用のHVSライタの製作 | トップページ | CQ誌の、FT-817コントローラの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入