« 「センサの素」の照度・紫外線強度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメーターのブラシアップ »

2009年12月 2日 (水)

CQ誌の、超小型受信モジュールSR-1の製作

Cq_sr1_am CQ誌2009年10月で紹介された、超小型受信モジュールSR-1ですが、受信用のSi4734、制御用のMC9S08QG8、ヘッドフォンアンプのMAX9723などを内蔵しています。

大きさは単3電池と同じくらいと超小型です。これにスイッチとAM用バーアンテナをつなげるとAM/FMラジオになります。

電源電圧は、2.7V~3.6Vで、単3乾電池2本で動作させることが出来ます。周波数は、AMモードで149kHz~23MHz、FMモードで64MHz~108MHzをカバーします。

この受信モジュールの利点は、シリアルインターフェースによりパソコンなどでコントロールできることで、電源ボタンを押したままで電源を供給するとシリアルモードになります。

通信は56800bpsのシリアル通信で行なわれ、ターミナルソフトなどによりコマンドによって操作することができます。コマンドは非常に簡単で、1文字の英文字と、続く数字によって成り立ちます。パソコンなどで受信機をコントロールできると、自動受信が出来ます。ある周波数を順に受信し、信号強度が一定レベル以上だったときにパソコンが何か動作するとか、遠隔操作でラジオの受信周波数を変えるとかです。

アマチュア無線では、無線機のパソコンコントロールができるものがありますが、自動送信ができると便利になります。それを、ラジオ受信機でできるのがこの受信モジュールです。

« 「センサの素」の照度・紫外線強度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメーターのブラシアップ »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「センサの素」の照度・紫外線強度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメーターのブラシアップ »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入