« 「センサの素」の温度、湿度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメータの製作 »

2009年11月19日 (木)

秋月、カラーグラフィックLCDモジュールで、なる研を表示

Cgrlcdnaruken秋月で販売されている「カラーグラフィック液晶モジュール」は、その使い道は明確ではなく、付属仕様書では一面に1色のカラーを表示するデモが示されているだけでした。

資料に基づき、PIC16F84Aを使ったデモは何とか動かしたのですが、これをきちんと使うには、0.5mmピッチのフレキシブルケーブルを何とか手に入れないことには、信号を自由に与えることが出来ません。「なる研」のサイトにより、いろいろな方法があることが分かりましたが、フレキシブルケーブルとコネクタを入手することは、結局出来ませんでした。仕方なしに、サンハヤトのフレキシブルコネクタ基板(ICB-067)を入手して、代用することにしましたが、苦労の結果、「なる研」のデモ画像を表示することができました。

Cgrlcdnaruken_connectサンハヤトのエクステンション基板は、シートを必要な分だけ切り離して利用するようになっており、カラーグラフィック液晶モジュールのコネクタの36ピン(0.5mmピッチ)に合わせて切り抜きました。このシートは、フレキシブルケーブルとして使うには、すこし薄いようなので、同じ幅に切ったシートをもう一枚裏面に挟んで押し付けをよくしています。

反対側は、2.54mmピッチのユニバーサル基板に合うようになっているので、そのままはんだ付けが出来ます。

このカラーグラフィック液晶モジュールで問題なのは、このコネクタのみであるとさえいえます。(信号の詳細は、なる研などのサイトで解析されています)

Cgrlcdnaruken_colorbarなる研のサイトからダウンロードしたプログラムは、C言語で書かれているのでコンパイルが必要ですが、秋月のH8/3664開発セットに付属のコンパイラを使用してコンパイルしました。若干のエラーがでますが、次のように解決できました。

コンパイラは、C++型のコメントは対応しないので、//のコメントを、/* */のコメントに直します。

画像データは、/data/data.cにありますが、その項目は1項目分多いようです。最後の一項目(48データ)をコメントアウトします。

コンパイルはとおり、書き込みは出来たのですが、表示がおかしいようでした。

秋月デモのように、赤一色になるようにポートを設定してCKを出し続けると画面は赤一色になります。また、テストモードでカラーバーを出すことも出来ました。それには、DE=1とし、g0...g6=000110として CKをオンオフし続ければOKです。

これらは、きれいに表示できるのですが、「なる研」デモは、配列の読み出しがおかしいようです。コンパイラの生成コードに不安があるので、HEW4のコンパイラに移してコンパイルしてみました。IO定義の3664F.Hも一緒に移しました。

HEW4でコンパイルした結果、最初の写真のような画像が出ました。フレームレイトが遅いようなので、画面をリフレッシュしているのが分かるほどです。原因は、色を指定する6ビットのMSBが逆のため反転しているのですが、コンパイラがビット演算を得意としていないようで遅いためです。64バイトの配列を用意してビット反転のデータを入れて置けばすこしは速くできるでしょう。

カラーグラフィック液晶モジュールのコネクタが確実に接続できたので、端子を色々変更して動作を確認することができるようになりました。「なる研」デモでは、リフレッシュレイトが遅いようですが、赤、緑、青一色や、カラーバー表示などではクロック速度は十分でした。「なる研」デモも、色指定の6ビットの順序を逆に配線しなおすとか、配列を使うとかすれば速くなるような気がします。

カラーグラフィック液晶モジュールの300円(バックライト用のインバータを合わせると1000円)は、これだけできるなら安いものでしょう。

« 「センサの素」の温度、湿度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメータの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
0.5mmピッチ36極のFFCですが、aitendoで入手可能です。ご参考まで
http://www.aitendo.co.jp/product/770

情報ありがとうございました。
この液晶モジュールは、フレキシブルケーブルさえ手に入れば結構使えるようですね。
私が使用したサンハヤトのフレキシブル基板でも十分動作します。
色指定の6ビットのMSBを逆にするなどすれば、静止画ならいけそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「センサの素」の温度、湿度計の製作 | トップページ | CQ誌の、簡易型微小LCメータの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入