« 秋月、カラーグラフィックLCDモジュールで、秋月版デモ | トップページ | 「センサの素」の温度、湿度計の製作 »

2009年11月 2日 (月)

CQ誌の4LEDバッテリモニターの製作

Cq_battmonitorCQ誌、2009年10月号の特集、アマチュア無線家の製作実験アイデア集の中で、移動運用などのバッテリの電圧を監視するモニターをPICマイコンを使って製作しているものがあったので同じように作ってみました。

10V~14V程度の電圧を、3端子レギュレータで5Vに下げてPIC12F675を動作させます。PICは、AD変換器で、供給電源の4分の1を測定して、電圧を知ります。電圧が、バッテリとして適正であるかを判断して、LEDを点灯させます。

LEDは、赤、黄、緑、青の4色に分かれており、それぞれ単色で点灯と、その中間を示すために、隣接する2色が点灯する合計7種類があり、バッテリの電圧を示しています。

バッテリの電圧が、過充電(青)、適正(緑)、注意(黄)、警告(赤)というように、色が意味を示しています。

PIC12F675は、8ピンのPICで、10F200のような使いにくさはありません。16F84Aなどと同じようにプログラムできます。12F675を内臓発振4MHzで動作させ、内臓のAD変換器で電圧を測定します。ポートはLEDを直接駆動可能なのでそのまま接続されています。

Cq_battmonitor1ちょうど、ニッケル水素電池10本による12V電源があったので、その電圧を表示するために組み込んで見ました。LEDは3φの物を使っていますが、形が揃わないので見栄えがよくありません。

この電源は、もともとは小電流用なので、電源表示LEDはつけていませんでしたが、電圧が表示されるようになれば、電池の消耗が分かるので、電流を流す使い方が出来ると思います。

電源を入れると、赤、黄、緑、青の順に点灯した後、電圧を表示します。

Cq_battmonitor2内部は、基板一枚が取り付けられています。

オリジナルの回路には、9.6V(8本)に対応したモード2があるのですが、スイッチを長押しすることでモードが切り替わります。今回の電源は、12V(10本)用なので、このスイッチは省略しました。

4LEDバッテリモニターの消費電流が、使用する電流に較べて無視できないような場合には、スイッチで切り離せるようにしたほうがよいかもしれません。そのときには、電源スイッチを3ポジションスイッチとして切り替えるのがよいかもしれません。

« 秋月、カラーグラフィックLCDモジュールで、秋月版デモ | トップページ | 「センサの素」の温度、湿度計の製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋月、カラーグラフィックLCDモジュールで、秋月版デモ | トップページ | 「センサの素」の温度、湿度計の製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入