« 低電圧I2C液晶モジュール(3.3V) | トップページ | 「センサの素」のジョイスティック型ラジコン送信機 »

2009年10月15日 (木)

「センサの素」のラジコンカーを製作

Radiocontrolcar_rx 書籍「センサ活用の素(2)」の、ライントレーサ車のハードをそのまま利用した、315MHz受信のラジコン車を製作しました。

始めに、ライントレース用のフォトセンサも、無線受信モジュールも取り付けない車体のみを製作しました。DIPスイッチの1番をONにすると、テストモードとして、前進後退を繰り返します。

無線受信モジュールは、315MHzのAM用のもので、3Vで動作するタイプのものです。

プログラムは、書籍にアルゴリズムをわかりやすく説明するためのものなので、簡単なしくみとなっています。ラジコン送信機から315MHzのAMで変調された1200bpsのデータが送られますので、それを受け取って、前進後退、旋回などをします。

プログラムのソースを見て、簡単な仕掛けでこれだけのことが出来ると知ることが、書籍の目的としたことでしょう。プログラムを工夫すれば、もっといろいろなことができると思うのですが、何をすれば更によくなるのかが思いつきません。

書籍では、このラジコン車を使って、「ジョイスティック型ラジコン送信機」と、「加速度センサ型ラジコン送信機」で制御します。コマンドも簡単なので、それ以外のラジコン送信機を製作することも出来ると思います。

« 低電圧I2C液晶モジュール(3.3V) | トップページ | 「センサの素」のジョイスティック型ラジコン送信機 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低電圧I2C液晶モジュール(3.3V) | トップページ | 「センサの素」のジョイスティック型ラジコン送信機 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入