« 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 | トップページ | 圧電振動ジャイロで、方向をLEDで表示 »

2009年9月24日 (木)

秋月、極細冷陰極管+小型インバータ

Aki_reiinkyokulamp秋月キットの極細冷陰極管(1.8mmφ 9cm)+小型インバータ点灯セットを組み立ててみました。

小型インバータに5Vを印加すると650Vrms程度を発生し、冷陰極管が放電発光するものです。明るさはまぶしいくらいに輝きます。

極細冷陰極管は、いろいろなサイズがありますが、キットに含まれていたのは外径1.8mm、長さ91mmのものです。

組み立てに際して、高電圧になるので感電しないように書かれていますが、冷陰極管は、両端にリードが出ている細いガラス管なので、折れないように注意する必要があります。キットの輸送のために、折れないために一本予備が同梱されています。

2本あると、並列にして点灯したくなりますが、点灯できるのは1本という注意書きがありました。1本を蛇の目基板に組み立てましたが、余った一本を何かに応用できないかと考えています。

用途として、液晶のバックライト光源、FAX・スキャナ用光源、複写機のイレーサー用光源、各種表示・装飾用光源、その他ディスプレイ用光源などが挙げられています。

カラーグラフィック液晶モジュールとセットになったキットがありますが、液晶モジュールのバックライトが冷陰極管によるものなので、小型インバータが利用できるということのようです。

« 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 | トップページ | 圧電振動ジャイロで、方向をLEDで表示 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 | トップページ | 圧電振動ジャイロで、方向をLEDで表示 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入