« ID-80用GPSユニット製作 | トップページ | 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 »

2009年9月17日 (木)

秋月、圧電振動ジャイロキット

Aki_gyrosensor 秋月キットの「圧電振動ジャイロキット」を組み立ててみました。

角度の検出のセンサは多数ありますが、このキットで使われているのは、村田製作所の圧電振動ジャイロ(ENC-03R)で、振動体に回転角速度が加わると、コリオリ力が発生するという原理を応用した角速度センサです。

電源電圧2.7~5.25Vを供給すると、0.67mV/deg./sec.の感度で電圧を発生します。推奨回路では、この出力を、直流分をカットした後、NJM2115の非反転増幅器で10倍に増幅するようになっています。

このキットは、この推奨回路をそのまま2組分回路化したものとなっています。

このセンサを使えば、ロボットなどの姿勢制御、カメラの手振れ検出などに利用できます。

出力をテスタで測定しながら角度を変えてみると、静止時1.4Vから、0~5Vの範囲で変化するようです。この出力をマイコンのAD変換器で読み込めば、傾けた方向などを表示することができると思います。

このキットのほかに、圧電振動センサモジュールとして使えるものもあります。各部の動きを中央のCPUで把握したいようなときに利用するとよいと思います。

« ID-80用GPSユニット製作 | トップページ | 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ID-80用GPSユニット製作 | トップページ | 「センサ活用の素」の正弦波発生器を製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入