« センサ活用の素のGPSロガーを製作 | トップページ | ID-80用GPSユニット製作 »

2009年9月 7日 (月)

秋月、白黒CCDカメラ(魚眼レンズ)

Aki_ccdcamera秋月キット、「モノクロカメラ CCD(魚眼レンズ)」を試してみました。(型番:IBC-25E-W)

35mmx40mmの基板2枚が、フレキシブルケーブルで接続されていて、電源ジャックと、ビデオ出力コネクタを接続するだけで使えます。

CCDでほとんどの処理が行なわれるので、外付け部品は多くはありません。

ビデオ出力を、テレビやパソコンのビデオ入力に接続し、12Vの電源を加えるだけで動作します。

CCDの前に設置されているのは魚眼レンズとなっていて広角の画像が得られますが、同じ基板でレンズをピンホールとしたものもあります。

Aki_ccdcamera2 画像はモノクロですので、カラーに較べて鮮明さがないように感じてしまいますが、画像ははっきり映っています。

写真では、モニタカメラを写したので、画面の中のモニタ画面の中に更にモニタガ映っています。

組み立ててケースに入れれば防犯カメラとして使えますが、アマチュアテレビのビデオ入力として使用すれば、白黒になりますがビデオ入力として使うことも出来ます。

値段は、2250円でした。

« センサ活用の素のGPSロガーを製作 | トップページ | ID-80用GPSユニット製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センサ活用の素のGPSロガーを製作 | トップページ | ID-80用GPSユニット製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入