« イージャキーノ用のプロトシールドの製作 | トップページ | 秋月、KIC-125スイッチング電源の製作 »

2009年7月31日 (金)

秋月、TA7252AP、5.9Wオーディオアンプ

Aki_ta7252_59wamp 秋月キットの、東芝TA7252APオーディオアンプキット(モノラル)5.9Wを製作しました。

電源電圧13.2Vにおいて、5.9W(負荷4Ω)、9.6W(負荷2Ω)の出力があり、電源電圧は9~18Vに対応します。

AV家電、ゲーム機、パソコンなどの用途に向き、熱遮断、対電源サージ(過電圧)、負荷短絡などの各種保護回路を備えています。

今まで持っていたスピーカが1W程度のものだったので、10W、8Ωのものを2つ購入してつないでみました。音は、スピーカの影響もあると思いますが、iPODshuffleの音が、コンポにつないで聞いているように聴こえました。

キットを組み立てるときに、専用基板を紛失してしまっていることに気づき、蛇の目基板で組み立てました。取扱説明書の部品配置のように組み立てるとICのピンに最短になり簡単に組み立てられました。

アンプのキットを2つそろえてステレオアンプを作るよりも、2つのスピーカを箱に入れ、アンプ内蔵にしてアクティブスピーカを作るのがよいように思えました。アンプとしては、オーソドックスで、素直な音がするようです。キットとして、値段も安く(500円)、パワーの必要なときに利用できそうです。

« イージャキーノ用のプロトシールドの製作 | トップページ | 秋月、KIC-125スイッチング電源の製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イージャキーノ用のプロトシールドの製作 | トップページ | 秋月、KIC-125スイッチング電源の製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入