« 超低コストガジェットのAVRライタ製作 | トップページ | 超低コストガジェットの、GPS-USBの製作 »

2009年6月11日 (木)

超低コストガジェットのμIPサーバの製作

Gadjet_uip 書籍「超低コストインターネット・ガジェット設計」では、フリーで公開されているUSB、IP、SDなどのプロトコルスタックを使って機器を開発するために、その使い方を示す簡単な例を製作しています。

ここでは、μIPプロトコルスタックの使い方を示すために、非常に簡単な回路を組んでいます。動作は、Telnetによってパソコンからアクセスすると、g,n,f,bの一文字のコマンドを受け付けて動作するように作られています。コマンドは、それぞれ、get、on、off、byeの省略で、回路にあるLEDを点灯させたり、光入力として使われている高輝度LEDの状態を読み取るためのものです。

プログラムは、使い方を示すだけの簡単なものですが、回路のほうは、立派なイーサーネットアクセスができるものとなっています。構成要素は、ATmega168、ENC28J60、パルストランス内臓のLANコネクタが主なものです。

この回路でも、LANにアクセスするために必要なものは揃っていて、ATmega168のプログラム次第では、ネットワーク接続機器として使えるものになると思います。ただし、簡略化されているので、本格的に使用するものとするには、MACアドレスなどは、きちんと個別に与える必要があると思います。

それでも、LANケーブルでルータへ接続すると、ネットワーク機器として扱われます。

IPアドレスとして、192.168.0.55が使われているとのことだったのですが、私のLANでは、192.168.11.Xでなくてはならないので、ソースを変更してコンパイルしなおしました。書き込みは、すでに製作したUSBaspを使用しました。他のライタでも、main.hexを書き込み、フューズバイトを書き込めば動作するはずです。

Telnetコマンドは、cygwinから実行します。WindowsからでもTelnetは実行できますが、行送りなどの違いがあるのでうまくいきません。

μipプロトコルスタックと、この回路を使うと、簡単にネットワーク接続する機器ができると実感できますので、一度試してみることを勧めます。

« 超低コストガジェットのAVRライタ製作 | トップページ | 超低コストガジェットの、GPS-USBの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超低コストガジェットのAVRライタ製作 | トップページ | 超低コストガジェットの、GPS-USBの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入