« 16F819の定電圧定電流電源の製作 | トップページ | AW電子のUSBホストボード »

2009年4月16日 (木)

秋月、スクロールクロックキットの製作

Aki_scrollclock 秋月キットの、PIC16C65B制御の10x10ドットLED使用のスクロールクロックキットを製作しました。

10x10ドットの小型ドットマトリクスLEDの上を、右から左へ時刻がスクロールします。設定用にロータリーエンコーダがついていて、設定中に廻すとスクロール速度などを変えることができます。

このキットは、小型に組み立てるためか、PICを半田面に実装します。組み立てで最初にするのは、PICのソケットを半田面に浮かせて半田付けすることです。

10x10ドットのLEDは、駆動用のICなどは使わずに、直接PICで駆動します。Y軸側に、電流制限用の150Ωが入っているだけです。

時計として一番重要な時刻の精度ですが、PICのクロックとして、4.19434MHzの水晶によっています。水晶の一端に入れたトリマによって調整しなければなりませんが、このほかに、プログラムによって進み遅れを調整することができるので、時間の進み具合を見て、設定で調整できます。ただし、設定などは電源を切ると消えてしまうので、バックアップ用の電池をつないでおくことが必要です。バックアップ用電池はニッカド電池なども利用できるように外付け部品が付属しています。

値段は安いですが(1700円)、スクロールしながら表示する時計はなかなか見栄えもよく、よく出来ています。PIC16C65Bのプログラムは、残念ながら公開されていませんが使うだけで楽しめるキットです。

« 16F819の定電圧定電流電源の製作 | トップページ | AW電子のUSBホストボード »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16F819の定電圧定電流電源の製作 | トップページ | AW電子のUSBホストボード »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入