« PIC16F84Aを使った精密時計 | トップページ | MAX038精密発振器をケースに入れました »

2009年2月 5日 (木)

D級ステレオアンプをケースに入れました

Dclassampcase2 D級ステレオアンプキットを、ケースに入れてみました。1W+1Wですが、ウェブラジオを鳴らすような場合にはちょうど手ごろだったので、ケースに入れて、おいておくことが出来るようにしました。

スピーカーが、秋月電子て購入した横長のものだったので、これがうまく収まるケースとして、タカチPR-200Bを選びました。ほんのちょっとスピーカが支えるのですが、ネジを締めればうまく収まります。

このケースは、上蓋のほうが大きく、基板や部品などは上蓋の方に取り付け、逆さに設置されます。

電源は、2.7V~5.5Vということなので、通常は5VのACアダプタで使用し、持ち運ぶときには、単1電池の3Vで動作させます。

Dclassampcase 前面は、スピーカーでいっぱいになってしまったので、オーディオ入力、電源入力、電源スイッチは、背面に取り付けました。

サイズも、スピーカボックスとしては適当で、上にウェブラジオなどを置くことが出来ます。

スピーカは、ステレオですが、左右分離のための配慮は特にしていないので、離れて聴くとステレオであることがわからなくなってしまいます。

消費電力はそう大きくないので、電池交換には、ケースを止めているネジをはずさなければなりません。

このアンプを、ウェブラジオを聴くのに利用しています。

« PIC16F84Aを使った精密時計 | トップページ | MAX038精密発振器をケースに入れました »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PIC16F84Aを使った精密時計 | トップページ | MAX038精密発振器をケースに入れました »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入