« 秋月、DDSキット用のコントローラを製作 | トップページ | 「ネットワーク機器の自作」の汎用ボード製作(1) »

2009年2月17日 (火)

WEBラジオを壊してしまいました

Webradio_case 秋月電子のWEBラジオですが、久しぶりに電源を入れたところ、液晶のバックライトが明るく輝き、表示もすぐ消えてしまって急いで電源を切ったのですが、壊れてしまいました。

原因は、外部につなぐ12VのACアダプタを、5Vに下げるための3端子レギュレータ(7805)のGNDのはんだ付けが悪く接触不良だったようです。GNDは、べたのパターンであるために面積が広く半田ごての熱を分散してしまいます。十字に切って分散しないようになってはいますが、半田ごての熱容量が不足のようでした。3端子レギュレータのGNDが接続されないままだったので、入力電圧がそのまま出力に伝わったようです。

調べてみたところ、CPUとイーサネットコントローラが壊れたようです。修理不可能です。

ということで、再度購入して組み立ててみました。ほとんどチップ抵抗などで組み立て済みのため簡単に出来ました。

使っていた間に、放送局などの情報を設定していたのが飛んでしまっていますが、壊れたWEBラジオのEEPROM(24C256)は、壊れていなかったのでそのまま差し替えることでデータが復活しました。

イーサネットコントローラ用のMACアドレスを記憶しているEEPROM(93C46)も無事なようでした。何かに使えるでしょうか?

再びWEBラジオが聞けるようになりましたが、GNDの半田付けは注意しようと思いました。

« 秋月、DDSキット用のコントローラを製作 | トップページ | 「ネットワーク機器の自作」の汎用ボード製作(1) »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋月、DDSキット用のコントローラを製作 | トップページ | 「ネットワーク機器の自作」の汎用ボード製作(1) »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入