« 秋月、電波時計キットの製作 | トップページ | PIC16F活用ガイドのライントレーサの製作 »

2009年1月11日 (日)

秋月、JJYもどきキットの製作

Jjylike 秋月キットの、短波JJYもどき音響器・キットを購入しました。電波時計Ver2に接続して、昔あった短波のJJYの音で時刻を再生します。

オプションにより、NTT方式の音も出せます。
このキットは、電波時計Ver2キットと合わせて購入すると、1200円割安になりますが、別々に購入してしまいました。

電波時計の出力する、秒パルスと、分パルスを入力とし、毎秒の音をPIC16F84Aで再生します。
このキットの主な仕事は、JJYに似通った音を出すことにあります。

常時、時刻を気にしているような場合に、59秒目のポーという音で、分の始まりを知ることが出来ます。

音を聴いてみると、少し濁っているような感じがします。PICが発生したパルス波を2段のCRローパスフィルタで、正弦波にしていますが、音が悪いのは、終段アンプのLM386のような感じです。気休めに、スピーカー出力の5ピンに、10Ωと0.01μFを直列にしたものを入れてみました。音が丸くなって、聴きやすくなりましたが、音色が少し変わってしまったような気もします。

一緒に使うことが考慮されていなくて、秒や分のパルスは、電波時計にはんだ付けする必要があります。

« 秋月、電波時計キットの製作 | トップページ | PIC16F活用ガイドのライントレーサの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋月、電波時計キットの製作 | トップページ | PIC16F活用ガイドのライントレーサの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入