« PICを使った「周波数カウンタ」の実験 | トップページ | AVR、降圧型DC-DCコンバータ »

2008年12月24日 (水)

秋月、ウェブラジオの製作

Webradio 秋月キット、Webラジオ・キット(BB-SHOUT)を組み立てました。インターネットで多く放送されているラジオを受信するためのもので、Shout-Cast方式、Ice-Cast方式のストリーミング放送を再生することが出来ます。

基板上には、H8/3069Fが実装され、LANコントローラにRTL-8019AS、MP3デコーダとしてVS-1011E、RAMとして、TC5117805などを備えています。

LANのLSIも、MP3のLSIもすでになじみのものとなっていますが、それぞれ1個のLSIでその役割を果たすものとなっています。
OSには、μITRONで、TOPPERS/JSP Kernelを稼動しているようです。

基板上に、SMTパッケージのLSIは、はんだ付け済みなので、はんだ付けしなければならない部品はそう多くありません。
LANへのアクセスも、H8/3069にRTL-8019ASを組み合わせることで、UDPを扱うことはそう難しいことではなくなっているのだと思いました。

組み立てが終わり、電源を入れてみたところ、DHCPによるIPアドレスが割り当てるのを待っているところに来ました。ルーターに接続すると、IPアドレスが割り当てられ、動作を開始したと思ったのですが、なぜかエラーとなりました。
理由は、組み立てミスではなく、ネット接続の間違いでもなく、登録されているラジオのチャンネルがすでに放送していないのが原因でした。
チャンネルを変更したところ、接続中の黄色のLEDが点灯し、やがて音が出ました。

液晶に、放送局情報と、曲名情報が流れ、音楽が流れています。
放送局によって、ビットレイトが異なるので音質が異なります。また、ステレオで放送されている局も、モノラルの局もあります。
しかし、接続は安定していて途切れることはありませんでした。PSPのインターネットラジオでは、時々接続が途切れることがありましたがそのようなことはありません。
たまたま、LANケーブルが外れたときに、放送が1分近くも流れ続けましたが、ボード上のRAMに保存されながら再生されるので、かなり長い時間保持しているのが途切れない理由でしょう。

かなり長い時間溜め込んでいることから、放送の時刻からだいぶ遅れて再生されていると思いますが、時報などはないので気にはなりません。

放送局は、サンプルとして10曲登録されているだけで、自分の気に入った放送局を登録することが出来ます。
http://www.shoutcast.com/ から、放送局名を調べて登録すれば自分の気に入った放送をいつでも聞けるようになります。

« PICを使った「周波数カウンタ」の実験 | トップページ | AVR、降圧型DC-DCコンバータ »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PICを使った「周波数カウンタ」の実験 | トップページ | AVR、降圧型DC-DCコンバータ »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入