« エレキジャック8号の16F876A温度計測 | トップページ | PIC-BASICに、I2CEEPROMを追加 »

2008年11月 1日 (土)

エレキジャック8号の16F886温度計測

16f876a_ondo エレキジャック8号のPICによるLM73温度計測は、10月28日にサポートページに、プロジェクトファイルが公開され、動作することが確認されましたが、それまでの、リストの継ぎはぎで作ったプログラムも、動かなかった理由が判り、動作するようになりました。

書籍の記事と、ダウンロードできていたリストのファイルのみで作ろうとしていたものは、16F886の上で動作するように作っていました。
CPUの違いはたいしたことはありませんが、動かなかった理由は以下のとおりです。

■不足していたマクロを自前で用意したのですが、記述の間違いがありました。
#define SetBit(a,b) (a |= (1<<b))
#define ClrBit(a,b) (a &= ~(1<<b))
#define TstBit(a,b) (a & (1<<b))
これらの展開式の全体を括弧で括っておくのを忘れていました。
■これは、記事の誤植ですが、InitSensorの関数の中で、設定するレジスタが、4でなく、8になっていた。
■温度を文字列に変換するバッファの配列は、大体あっていた。

エレキジャックの記事だけで、プログラムを完成するのはもう一歩だったが、少し難しかったと思います。

記事を見ながら、何回もWIZ-Cのコンパイルを繰り返したので、すっかり身につきました。
ヒントだけ与えて、自分でプログラムをさせるというのであれば、かなり成功ですが、同じ結果を得たいという向きには、解らないことが多すぎました。
今後の記事は、改善されるでしょうか?

« エレキジャック8号の16F876A温度計測 | トップページ | PIC-BASICに、I2CEEPROMを追加 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エレキジャック8号の16F876A温度計測 | トップページ | PIC-BASICに、I2CEEPROMを追加 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入