« dsPICライターの動作確認 | トップページ | エレキジャック8号の78Kマイコン »

2008年10月13日 (月)

16F690によるデジタル時計の製作

16f690tokei トラ技2008年7月号の「ワンチップ・マイコン探訪」で紹介している16F690の利用の応用例として、「グラフィックLCD表示のディジタル時計の製作」が出ています。

従来から使用してきました16F88に較べて、16F688や16F690などは、パッケージの違いがあり14ピンや20ピンで使用することが出来ますが、それよりも、内部発振8MHzを使用したときの精度のよさに感心します。
シリアル通信などを使用するときにも内部発振を使用できるのは、セラロックの節約にもつながります。

話はそれましたが、このデジタル時計は、私にとっては、以下の関心がありました。
1.グラフィック液晶に、Nokia3310-LCDを使用している
2.温度測定に、石塚電子の、103ATを使用して簡単に測定している
3.16F690の書き込みに、前に紹介した、ICD2のソケットアダプタを使用した。

回路は非常に簡単で、主だったものは16F690とNokia3310-LCDしかありません。
ケースが、単4電池ホルダのついたものだったので、プリント基板は少し手狭です。

16f690tokei2

Nokia3310-LCDは、以前に使ったものとは違って、ソリトンウェーブから購入したものを使っていますが、液晶のガラスに、端子が貼り付けてあるだけのもので、あるサイトによると、端子が取れやすいと書いてあったので、端子の両端をスーパーセメダインで固定してから使いました。

LCDのケースへの固定は、ケースの穴あけ後、両面テープで裏から貼り付けました。

16F690は、ICソケットを使いたかったのですが、ケースの都合で厚さが取れないので、基板に直にはんだ付けしました。

液晶がうまく動くかが心配でしたが、電池を入れると、液晶の画面がゆっくり消去されて、時計の画面が出ました。
温度計も大体あっているようです。

この製作で、一番うれしかったのは、調整箇所がないことです。時計の進み遅れをトリマで調整するのは手間のかかることです。
時刻は、若干進み気味ですが精度はよいほうです。温度計も割合正確です。

16F690は、3ポート使えるので、ピン数の必要なときに使って行きたいと思います。

« dsPICライターの動作確認 | トップページ | エレキジャック8号の78Kマイコン »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« dsPICライターの動作確認 | トップページ | エレキジャック8号の78Kマイコン »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入