« 16F690によるデジタル時計の製作 | トップページ | エレキジャック8号の16F886マイコン »

2008年10月15日 (水)

エレキジャック8号の78Kマイコン

Elejack_78k エレキジャック8号の1-4章78Kマイコンを使おうに沿って、付録基板を組み立てました。

78K0/KB2(μPD78F0503DA)の載ったCPU基板と、書き込みと評価を行なう基板とがあります。
CPU基板を、書き込み基板に載せると、WriteEZ3で書込みが行えます。
開発ツールや、書き込みソフトは、本誌にあるようにNECエレクトロニクスのホームページから無料でダウンロードできます(登録が必要)

私は、WriteEZ3は、すでにトラ技2008年8月号の付録基板で入手していたので、CPUの種類の異なるパラメータファイルのみをダウンロードしました。
そのときに、開発環境用のデバイスファイルもダウンロードして置きました。
他に、アプリレットというソフトもダウンロードしておいたほうが良さそうです。

動作確認用のHEXファイルは、エレキジャックのサポートページからダウンロードできます。単に、LEDが点滅するだけですが、書込みが正しく行なわれたのかの確認が出来ます。

ソフト開発の手順を示すサンプルプログラムを試すために、蛇の目基板でテスト回路を組みました。
書き込み基板で書き込み後、CPU基板を蛇の目基板のソケットへ移し変えます。
書込みが正しく出来れば動作は問題ないようです。

« 16F690によるデジタル時計の製作 | トップページ | エレキジャック8号の16F886マイコン »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16F690によるデジタル時計の製作 | トップページ | エレキジャック8号の16F886マイコン »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入