« ICD2のケーブルを6ピンモジュラからピンヘッダに変換 | トップページ | ICD2で、12F683,16F688/690書き込みアダプタ »

2008年9月29日 (月)

HC08、ミニマイコン扇風機

Hc08sempooki 書籍「試しながら学ぶHC08マイコン入門」では、MC908QY4Aを使用した、ミニマイコン扇風機の製作を詳細に解説しています。

フリースケールのHC08は、小ピンパッケージで、色々な制御に使えそうなのですが、参考書がなかなかありませんでした。

書籍では、MC908QY4Aにユーザーモードモニタが書き込まれているものを使用して、簡単なデバッグツールだけでプログラム書込みができるようにしています。以前に作ったシリアルポート接続のSER-HC08デバッグツールを使って扇風機のプログラムを書き込みました。

なお、MC908QY4Aは、新品のものに、書籍の筆者のホームページにある手順で書き込んで使用しました。(スタータキットが必要)
ユーザーモードモニタに対応したソフトの場合、書き込みは簡単に出来るので便利でした。

組み立てたのは、付録のプリント基板に部品をはんだ付けし、プログラムを書き込んだだけで、スイッチを押すとモータが回って動作していることが確かめられましたが、書籍では、厚紙を切り抜いた羽根やケースを作り、扇風機らしく仕上げるところまで行ないます。
ターゲットとするのは、小学校高学年から中学校ということですが、HC08のプログラミングやデバッグツールの使い方などでは、十分に楽しめます。

« ICD2のケーブルを6ピンモジュラからピンヘッダに変換 | トップページ | ICD2で、12F683,16F688/690書き込みアダプタ »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ICD2のケーブルを6ピンモジュラからピンヘッダに変換 | トップページ | ICD2で、12F683,16F688/690書き込みアダプタ »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入