« トラ技2008年8月のUSBマイコン | トップページ | 18F2320付録ボードの製作 »

2008年7月25日 (金)

18F1320テストボードの製作

Pic18f1320testboard 書籍「電子工作のためのPIC18本格活用ガイド」の第1章のPICの最小構成(P.16)には、PIC18F1320を使った、最も簡単な回路図が出ています。
この本は、全体を通じて(付録の基板も含めて)PIC18F2320シリーズについて書かれていますが、唯一ここだけが、18F1320を使っています。

付録としてついているプリント基板は、18F2320の色々な動作をさせて見るための回路が組み込まれていますが、それに先立って、動作をさせてみるということだけを目的に製作してみました。

回路は、SW2つ、LED4個、セラロック20MHzからなっています。

18F1320は、PLLを内蔵していて、最大40MHzで動作させることが出来ますが、そのときに使用するセラロックは、10MHzを使用します。
20MHzセラロックを使用しているということは、HSPLLモードではなく、HSモードであることがわかります。

ソフトは、書籍に付録のCDROMの18F2320用のものを直して使用しました。
LED2つが、1秒周期で点滅していて、SWを押すと、下のLED2つが点滅に変わるというものです。

16F88などを使用してきたのに較べて、18F1320は、パッケージは似ていますが、18Fシリーズの強力な命令セットを利用できるので、プログラムは容易に成ると思います。

18F1320,18F2320は、秋月のPICライタでもサポートされているので、(USBの必要ないときなどでは)もっと利用していきたいと思います。
とにかく、18Fの命令体系は強力です。

« トラ技2008年8月のUSBマイコン | トップページ | 18F2320付録ボードの製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515449/41967822

この記事へのトラックバック一覧です: 18F1320テストボードの製作:

« トラ技2008年8月のUSBマイコン | トップページ | 18F2320付録ボードの製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入