« GPSlogger(5) GPS動作テスト | トップページ | ソフトラジオを製作 »

2008年6月23日 (月)

GPSlogger(6) スイッチ読み込み

Gpslogger5 GPSlogger本体でデバッグするために、入出力である、LED表示とスイッチの読み込みを先に用意しました。スイッチを押せば、内部動作して、結果をLEDに表示する。そして、必要ならRS232Cへ出力するという目論見なのですが、どうも、スイッチの読み込みがよくありません。

スイッチの状態を、LEDに反映させてみると、確かに動作しているのですが、OFF->ONで、LEDを変化させようとすると、入ったりはいらなかったりするようなのです。
スイッチのオン抵抗が高いのかとも思ったのですが、原因はつかめていません。

スイッチの入力ですべての動作が決まるので、3重の動作をするようになります。
クリックで記録の再生と停止、長押しで記録の保存開始、5秒押し続けるとリセット動作となる予定です。
ケース内にもうひとつのスイッチがあり、これを押すと、メモリをクリアします。

スイッチがつかえないのでは仕方がないので、デバッグボードへ戻るか、スイッチを交換するかで検討中です。

« GPSlogger(5) GPS動作テスト | トップページ | ソフトラジオを製作 »

製作」カテゴリの記事

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

はじめまして。スイッチ読み込みがおかしい、ということですが、チャタリング対策はどのようにされていますか? チャタリングで検索すると、いろいろ出てきますよ。

コメントありがとうございます
スイッチの読み込みは、長押しの判定もあるので、1mSのインターバルタイマの割り込みでチェックしています。この間隔で、数回読まれたときに、キーありとします。さらに押し続けている場合、1秒ぐらいで長押しと判定します。
割り込みの中では、キーが押されたというフラグをセットするだけにしています。
ところで、不具合の件ですが解決しました。
割り込みでフラグをセットしたものを、メイン処理でチェックしているのですが、キーの処理をしなかったときも、チェックするたびにフラグをクリアしていたので、読みこぼしてしまっていたようです。
現在は、動くようになっています。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515449/41622751

この記事へのトラックバック一覧です: GPSlogger(6) スイッチ読み込み:

« GPSlogger(5) GPS動作テスト | トップページ | ソフトラジオを製作 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入