« HC08、ユーザ・モード・モニタ書き込み | トップページ | AVR、AKI_LEDTEST »

2008年6月 9日 (月)

GPSlogger(4) パネル加工

Gpslogger3 GPSloggerのケースを加工し、パネルに、LEDとスイッチをつけました。デバッグ基板では、液晶は付いていても、LEDとスイッチが付いていなかったので、新たにデバッグ基板を用意するかを考えていたのですが、実機のほうに、LEDとスイッチが付いたので、これで状況を確認しながらのデバッグが出来ます。

スライドスイッチは、電源スイッチに、押しボタンスイッチは、再生・停止と長押しによる記録開始に使います。LEDは、記録中と、GPS受信状態表示に使いますが、メモリ満杯に近づくにつれて、点滅速度を速くする予定です。

ストロベリーリナックスの扱いのGPSは、値段は若干しますが、5V動作、WGS84、4800bps、TTLとRS232C出力と、使いやすい条件が揃っているので、楽に使えそうです。

蛇足ですが、秋月で扱っているGPSは、3.3V動作、TOKYO97、9600bps、などの難関はありますが、値段が安いので、何かに利用しようと、購入しています。
電源投入で、AVR(3.3V動作)でコマンドを送って、WGS84,4800bpsに設定すれば、そのまま利用できそうです。

« HC08、ユーザ・モード・モニタ書き込み | トップページ | AVR、AKI_LEDTEST »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515449/41480548

この記事へのトラックバック一覧です: GPSlogger(4) パネル加工:

« HC08、ユーザ・モード・モニタ書き込み | トップページ | AVR、AKI_LEDTEST »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入