« GPSlogger(1) 構想 | トップページ | GPSlogger(3) 書き込み処理 »

2008年5月26日 (月)

GPSlogger(2) 製作開始

Gpslogger2 GPSloggerの製作に入りました。PIC16F88と24C512の組み合わせは、すでにある基板でデバッグが出来るようにピン割り当てをあわせました。デバッグのみで使用する16x2液晶があります。デバッグ中は、途中情報をこの液晶に表示します。そのために、RA3~RA0とRB7~RB6を使用しますので、実機ではこのポートは使用しないものとします。

実機のほうも、配線を始めました。写真には、PIC16F88、24C512、ADM3202、78L05が見えます。このほかに、プッシュスイッチ2個、LED2個をつけます。記録したGPSデータを再生するために、RS232C出力をつけなければならないのですが、どうするか決まっていません。

ソフトの進行状況は、シリアル(4800bps)入力を、バッファリングして、読み込んだGPSデータを、シリアルEEPROMに書き込む準備です。シリアルEEPROMの読み出しはすでにプログラムが作られていたのですが、書き込みを新たに作りました。

あと必要なのは、GPSセンテンスのうち、RMCのみを抜き出して、有効データの場合に、シリアルEEPROM書き込みに渡す手立てです。他に、キー読み込み(長押しの判定)、LEDの点滅による状態表示も必要です。

構想は簡単なので、実現は出来そうですが、小さく作ることと、操作性のよいものを作るのが課題です。

« GPSlogger(1) 構想 | トップページ | GPSlogger(3) 書き込み処理 »

製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515449/41324516

この記事へのトラックバック一覧です: GPSlogger(2) 製作開始:

« GPSlogger(1) 構想 | トップページ | GPSlogger(3) 書き込み処理 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

USBとマイコンの参考書購入